top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

オリンピック新種目

皆さま、こんにちは。 7月23日から開幕した東京2020オリンピックも終盤となっています。 今回は、2020大会に新競技として追加された4競技を紹介します。

1つ目は空手。技の正確さや力強さ、スピード、リズム、バランス、極めの出来栄えで競う「型」と、1対1で攻め合って戦う「組手」の2種目があります。 2つ目はスケートボード。「ストリート」と「パーク」の2種目あります。男女ともに若手選手の活躍が話題の競技ですが、アメリカでは若者のスポーツとして大人気。パークで優勝した堀米選手は、アメリカのスケーターで知らない人はいないと言われるほど有名です。 3つ目はスポーツクライミング。壁を登る速さを競う「スピード」、いくつ登れるか競う「ボルダリング」、高さ12m以上の壁をどこまで登れるか競う「リード」の3種目の合計点で競います。まるで忍者のような壁走りに注目です。 4つ目はサーフィン。技の難易度に加えて、ダイナミックさやスピード、独自性で競います。自然が相手となるサーフィンは運もが結果を大きく左右する、とても難しい競技です。

このように注目の新競技が目白押し。 見逃してしまっても大丈夫。NHKの公式サイトで競技の見逃し配信を見ることができます。 新スポーツは多様性や自由さ、ファッションとしても目が離せません。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page