top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

光文社発行『Sprout 日帰りで行く 大人のおいしい街歩き4』で銀座三河屋が紹介されました。

光文社発行の『Sprout 日帰りで行く 大人のおいしい街歩き4』で、銀座三河屋が紹介されました。


ここから江戸の食文化を発信 「しょうゆが普及するまで250年もの間、江戸で使われていた調味料は、塩分が少なくうま味も豊富。そんな幻の『煎酒』を復刻させたいと思ったのが始まりです」 そう話すのは、銀座の変遷を見続けてきた現オーナーの神谷修さん。元禄時代から銀座で和装小物、糸商などを営んでいた三河屋は、江戸開府400年の2003年に江戸の食文化を発信する店へ事業転換。日本酒に梅干しと削り節を入れて煮詰めた「煎酒」や「煮ぬき汁」といった江戸の味をぜひご賞味あれ。

『Sprout 日帰りで行く 大人のおいしい街歩き4』本文より抜粋


20171127_2358533

よろしければ是非お越しください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page