top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

家庭で作れる<br>簡単な江戸料理のご紹介<br>【銀座三河屋】

『韮ざうすい』 韮は滋養強壮効果が高いことから、 江戸時代、風邪気味の時に食されていました。

(材料) ・にら   1/2わ(50g) ・だし   4カップ ・味噌   大2 ・飯    250g ・唐辛子粉(又は陳皮の粉、ゆず)

(作り方) 1.飯は水洗いし、ザルにあげて、水を切っておく。 2.にらは2センチの長さにきっておく。 3.だし汁は温め、煮立ってきたら、飯を入れ、 再び煮えてきたら火を弱め、4分位煮て、 味噌を溶き入れ、にらを入れる。 ひと煮えしたら器に盛る。(薬味は好みのものを。) ※にらは煮過ぎないよう、ご飯が十分に煮えてから入れる。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page