top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

暑い夏に<br/>『八穀あまざけ』<br/>【銀座三河屋】

江戸時代、庶民を夏バテ・栄養失調から救っていたのは、暑い最中に声を張り上げて行商する「甘酒売り」が売り歩く「麹で作った甘酒」でした。

「甘酒売り」は、江戸の夏の風物詩。俳句の世界でも「甘酒」は夏の季語として使われています。

『八穀あまざけ』は、最高峰の酒米・山田錦と米麹、玄米、黒米、赤米、緑米、大麦、餅きび、アマランサスで仕込まれ、添加物は一切使用していません。

天然のビタミン類・アミノ酸・ブドウ糖が豊富で、食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整え免疫力を高めます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page