top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

電力需給ひっ迫

今週相次いで発表される電力需給ひっ迫注意報。 電力の予備率が極めて厳しい需給状況が予想される場合に必要に応じて情報発信されます。 予備率が5%を下回る場合に「電力需給ひっ迫注意報」が、予備率が3%を下回る場合に「電力需給ひっ迫警報」が発令されます。 政府はこの発令を受け、無理のない範囲での節電を呼びかけています。 とはいえ例年に比べ早すぎた梅雨明けにより災害レベルの酷暑が続く日本列島では、冷房を使わないことは非常に危険です。冷房の使用はためらわず水分補給をこまめにとって熱中症対策をしましょう。 節電に協力するなら照明器具の使用を控えることをおすすめします。日中家で過ごす場合は電気を消し自然光を使う、使っていない電気は消す、コンセントは抜いておくなど無理せずできる範囲で行いましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page