top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

虹の日

皆さま、こんにちは。 本日7月16日は「虹の日」です。 「なな(7)い(1)ろ(6)」(七色)と読む語呂合わせと、 梅雨明けのこの時期に空に大きな虹が出ることが多いことが由来とされています。 自然を大切に思う心、人と人の心が虹のように結びつきあえる日になるような 願いも込められています。 そんな虹ですが、国によって見え方が違うことはご存じでしょうか? 日本では虹といえば7色ですが、アメリカでは6色、ドイツでは5色、 台湾やジンバブエなどは3色と国によって見え方が異なります。 世界で虹が7色と認識されているのはごくわずか。文化や見る人それぞれの感性により 色の種類は多様に広がります。 虹が空に見えたら固定概念にとらわれず、どのように見えるか考えてみてはいかがでしょうか。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page