top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

小暑

七夕が行われる7月7日頃の、暑さがどんどん強くなっていく時季です。 豪雨が多く発生するなど天候が不安定です。 梅雨や天気が不安定になると、「気象病」という体調不良になる人が多いです。 耳の奥にある「内耳」には、耳で受けた情報を脳や神経に伝える役割があり、 めまぐるしく変わる気圧によって刺激されバランスを崩してしまうようです。 そのため、低気圧が来ると頭痛や疲労感といった症状が出るのです。 この気象病を引き起こさせないためには、自律神経を整えることが大事です。 朝ごはんを食べ、適度に運動し、十分な睡眠をとり、ストレスを抱えないといった 規則正しい生活を送ることを心がけましょう。 そして心身のバランスを整え、これから本格化する暑さに備えましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page