top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

節分

来週、2月3日(金)は節分です。 みなさん、豆まきをする準備はできていますか?

節分とは各季節の始まりの日の前日のことを指し、「季節を分ける」という意味があります。 本来は、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日に1年に4回あったものでした。 昔の日本では、春が新しい年の始まりとされ、特に大切にされていたようです。 そうして、節分というと立春の前日を指すようになったのですね。

節分といえば豆まきというイメージがありますよね。 豆まきは邪気を払い、福を呼び込むとされる代表的な風習です。 季節の変わり目は悪いものが家の中に入りやすいとされており、退治するために豆まきが行われるようになったのです。 豆まきの由来には諸説あります。 ・「魔(ま)を滅(めっ)する」という語呂合わせから、豆をまくようになったという説 ・古代中国から伝来した「追儺(ついな)」という行事に由来しているという説 ・昔、穀物などには邪気を払う力があるとされていた。 大豆は魔除けなどの霊力が込められていると考えられていたため、お祓いなどの行事で大豆が良く使用されてきたという説 豆まきが終わったら、鬼に投げたものではない豆を食べます。 食べる豆の数は、自分の年の数といわれていますが、自分の年の数に1つ足した数を食べるのがおすすめです。

鰯の頭を焼いて柊の枝で刺した「柊鰯(ひいらぎいわし)」を魔除けとして玄関に飾る風習もあります。 「焼嗅がし(やいかがし)」とも呼ばれます。 昔は、鰯の焼いたにおいを鬼は嫌っていると考えられていました。 柊と鰯をセットで魔除けとして掲げ、玄関から鬼が入らないようにしていました。

そして、節分といえば恵方巻きのイメージも強いですよね。 恵方巻とは、節分の日にその年の神様がいるとされている方角「恵方」を向いて食べる太巻き寿司のことです。 恵方を向いて食べるというのは有名ですね。恵方はその年によって、毎年変わります。 恵方巻を切らずに丸ごと1本を無言で食べきるのが一般的です。 丸ごと食べるのは縁を切らないようにするためです。 恵方巻を無言で食べるのは、話しをすると福が逃げていくとされています。 厄除けになり、願いが叶うといわれているのです。

毎年、なんとなく節分の行事を行なっていた人も多いと思います。 節分のことをよく理解して、より深く楽しみましょう!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page