top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

イルミネーション

毎年、クリスマスシーズンになると街は鮮やかなイルミネーションで彩られます。 冬の澄んだ空気に幻想的な光がぴったりですよね。

イルミネーションと一口に言っても大規模なものから小規模なものまであります。 クリスマスのイルミネーションであったり、街路樹のイルミネーションであったりと種類も様々です。 イルミネーションの起源は16世紀に遡り、宗教革命で知られるドイツの「マルティン・ルター」が考えたとされています。 彼は夜に森の中で煌めく星を見て感動し、 木の枝に多くのロウソクを飾ることでその景色を再現しようとしたというのが有名な説です。 これが現代に続くイルミネーションの起源と言われています。 日本に登場したのは明治時代で、大阪や東京の勧業博覧会で会場を電灯で飾ったのが始まりとされています。 また、明治時代に明治屋が銀座に進出して華やかなイルミネーションを演出したことが話題になりました。 日本のイルミネーションの歴史は意外と古いですね。 近年のイルミネーションはLEDライトの普及によって、さらにカラフルで華やかなものとなっています。

冬の時期だけ楽しむことができる、美しく輝く街に出掛けてみてはいかがでしょうか。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page