top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

ホッキョクグマ

2月27日は「国際ホッキョクグマの日」です。 アメリカやカナダに本部を置く動物保護団体によって制定された、 ホッキョクグマや地球環境について考えるための記念日です。 地球温暖化の影響で北極の気温は上昇、海氷面積は急速に減少しています。 雪が溶けてなくなるということは住み家が失われる、餌の確保ができなくなるといった 生存に関わる重要なことです。現在は絶滅危惧種レッドリストに分類されるほど生危険な状態にあります。 北極の氷河消失だけでなく大型台風や猛暑、洪水、大雪など異常気象がたびたび話題になりますが、これらも地球温暖化によってもたらされた現象です。 自然生態系の保護、気象、持続可能な未来のために地球温暖化を止めなければいけません。 CO2を減らすために科学燃料の使用を控える、省エネ行動を見直し、美しい地球を守っていきましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page