top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

チョコレートの日

もうすぐバレンタインですね。

2月14日はチョコレートの日でもあります。

2月14日は「チョコレートの日」です。

バレンタインデーに大切な人へチョコレートを贈る習慣があることから、日本チョコレート・ココア協会によって制定されました。

みなさん、チョコレートは好きですか??

チョコレートと一口に言ってもダーク、ミルク、ホワイトなど種類がたくさんありますよね。

どんな味のチョコレートが好きですか?

ビターな甘さ控えめなチョコレートであったり、甘さがしっかりと感じられるチョコレートであったり、好みも分かれそうですね。

チョコレートは「カカオ」という植物の種のカカオ豆から作られます。

カカオ豆を発酵・乾燥させたものをローストし、すりつぶしてペースト状にした「カカオマス」と、

カカオマスから搾り取った「カカオバター」がチョコレートの主な原料です。

カカオマスは色や風味に、カカオバターはなめらかな口溶けの素となるようですよ。

チョコレートのパッケージにあるカカオ分は、カカオ豆由来の成分のことで、カカオマスとカカオバターの合計で示されます。

知らない人も多いかと思いますが、チョコレートはカカオ分や脂肪分の割合によって種類が変わるのだそうです。

大切な人にチョコレートを贈るのも素敵なことですが、自分へのご褒美としてちょっと高級なチョコレートを楽しんでみるのもいいかもしれません。

いろいろな味のチョコレートがあるので、好みのチョコレートを探してみるのもいいですね。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page