top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

はっさく

みなさん、柑橘類の「はっさく」って食べたことはありますか?

漢字で書くと「八朔」です。

漢字表記になると、意外と読めなかったりしますよね。

はっさくは日本原産の柑橘類です。

江戸時代に広島県で発見され、現在は和歌山県が日本一の生産量を誇り、国内生産量の約70%を栽培しています。

皮は厚く、中の袋の部分もむいて果肉だけを食べます。

はっさくは独特のほろ苦さがあり、上品な甘さとほどよい酸味が特徴です。

果肉は歯ごたえがあり、プリっとした果肉にサクサク食感を楽しむことができます。

はっさくにはビタミンC、クエン酸やオーラプテン、アスパラギン酸、ナリンギンなどの栄養素が含まれています。

疲労回復効果や免疫力を高めて風邪などを予防する効果、肌のハリを保つ効果やダイエット効果など、健康や美容への効能も高い果物です。

はっさくがおいしく食べられる旬の時期は、2月~4月頃といわれています。

さわやかな甘酸っぱさの中にほのかな苦みがあり、春にぴったりのフルーツですね。

そのまま食べるのはもちろんおいしいですが、サラダやヨーグルトにトッピングしたり、ジュースやゼリーにしてもおいしいですよ。

ぜひ、いろいろな料理に取り入れて楽しんでみてください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page