top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

ねこの日

今年も猫の日が近づいてまいりました。

ご存じの方も多いと思いますが、来週の木曜日、2月22日はねこの日です。

みなさんは犬が好きですか?それとも猫が好きですか?

2月22日は、ねこの日です。

猫好きの方で楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか?

2・2・2が猫の鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」という語呂合わせから、2月22日は猫の日として知られていますね。

ねこの日があるのは日本だけではなく、世界各国にあるそうです。

8月8日は「世界猫の日」と定められています。

「世界猫の日」は2002年に国際的な動物保護団体である国際動物福祉基金(IFAW)により制定されました。

他にも各国に猫の日があるのでご紹介します。

アメリカでは10月29日が「全米猫の日」です。

6月4日は「猫をハグする日」、8月17日は「黒猫感謝の日」、10月16日は「野良猫の日」と

猫にまつわる記念日が多く、動物保護への関心が高いことがうかがえます。

イタリアでは2月17日が猫の日です。

猫の専門誌が実施した読者投票によって決められました。

「2月は猫と魔女の月」「17は幸福の数字」とされていることから、2月17日に決定したそうです。

多くのヨーロッパ諸国ではこの日が猫の日として認識されてます。

ロシアでは3月1日が猫の日です。

ペットを飼っている人のうち半数以上の人が猫を飼っているともいわれるほど猫の飼育数が多い国なのだそう。

モスクワにある猫の博物館が3月1日に制定しました。

イギリスでは世界猫の日と同じ8月8日が猫の日です。

「ナショナル・キャット・アワード」を開催し、その年に話題になった猫がノミネートされます。

また、イギリスでは10月27日は「黒猫の日」として定められています。

台湾では4月4日が猫の日です。

台湾の愛猫家団体「愛猫族連誼会」の投票により4月4日に制定しました。

猫カフェ発祥の地は台湾といわれています。

世界の国々でねこの日があるなんて知らなかったという人も多いと思います。

世界中に記念日があることからも、どれだけ猫が愛されているのかがよくわかりますね。

保護猫カフェに行ったり、保護猫への寄付やボランティア活動、保護猫募金がついた買い物をするなど

猫を飼っていなくても、猫のために行動できることはたくさんあります。

私たちにできることを一度、考えてみてはいかがでしょうか?

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page