top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

花粉皮膚炎

今年も花粉シーズンがやってきました。 暖かくなる春が待ち遠しいですが、花粉症の方にとっては憂鬱な季節かもしれませんね。 毎日の花粉飛散情報に一喜一憂している人も多いことでしょう。

花粉が原因で肌が荒れる「花粉皮膚炎」ってご存じですか? 花粉皮膚炎とは花粉が皮膚に接触することにより起きる皮膚炎のことです。 目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などの症状はよく知られていますが、花粉との接触によって皮膚トラブルが起こることもあるそうです。 症状が出やすいのはまぶた、頬、首などの部分です。 肌の赤みやかゆみ、腫れやむくみ、乾燥、ブツブツとした湿疹などの症状が現れることがあります。 花粉が多く飛散する時期にこれらの症状がでたら花粉皮膚炎の可能性もあるかもしれません。

花粉による肌荒れを防ぐためにはどんな方法があるのでしょうか?

・肌に花粉が付着しないようにする 原因となる花粉が皮膚に付着しないようにすることが大切です。 外出するときはマスク、メガネ、帽子、首を隠す服でしっかりガードして花粉が付着しないようにしましょう。 ・付着した花粉を取り除く 衣服や髪の毛などに付いた花粉をよく払い落としてから室内に入りましょう。 帰宅したら、なるべく早く入浴し花粉を洗い流しましょう。 入浴が難しい場合は洗顔だけして、付着した花粉をできるだけ早く取り除くのがおすすめです。 ・肌のバリア機能を保つ うるおいを保つスキンケアで普段から肌バリア機能を整えておきましょう。 肌のバリア機能を正常に保つことが、花粉による肌荒れの予防につながります。 十分な睡眠やバランスのよい食生活を心がけるようにしましょう。

花粉症は早めの対策が効果的です。 花粉の時期の肌荒れで悩んでいる方は、マスクやメガネ、帽子などを使って花粉を物理的にブロックしましょう。 また、毎日の適切なスキンケアはもちろん大切ですが、スキンケアだけでなくインナーケアも大切です。 日頃から栄養のバランスがとれた食事、規則正しい生活、十分な睡眠を心がけましょう。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page