top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

ミモザ

3月ですが、まだまだ肌寒い日が続きますね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので気をつけましょう。

みなさんは、ミモザというお花を見たことはありますか?

丸く黄色い小さな花がたくさん集まっている姿をイメージする方も多いのではないでしょうか。

ミモザはオーストラリア原産、マメ科のアカシア属の植物です。

生長すると高さ5mから10mほどになり、3月から4月にかけて小さく黄色い花を咲かせます。

年間を通じて、シルバーリーフと呼ばれる銀色がかったグリーンの葉が楽しめます。

ミモザには1000種以上の品種があり、花や葉の形もさまざまです。

黄色以外の花を咲かせる品種もあります。

ミモザは、国によって異なる花言葉をもっています。

日本のミモザの花言葉は「優雅」「友情」です。

イタリアでの花言葉は「感謝」、フランスでの花言葉は「思いやり」「感受性」といった花言葉があります。

また、花言葉はお花の色によって、花言葉も変わるのだそうです。

ミモザは国ごとに異なる花言葉を持っていますが、どの国の花言葉もあたたかみがあって素敵ですね。

人の思いにまつわる花言葉が多いので、大切な人への贈り物にぴったりです。

やさしい香りと黄色のかわいらしい小さな花々が印象的なミモザは、鉢植えやガーデニング、

切り花を花瓶に飾ったり、リースやスワッグアレンジに使ったり、ドライフラワーとしても楽しむことができます。

大切な人へのプレゼントはもちろんですが、お部屋にミモザを飾って春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page