top of page
  • 執筆者の写真樋口 理一

富山県砺波の名産品『大門素麺』【銀座三河屋】

更新日:3月29日

大門素麺は、富山県砺波市大門地区で江戸時代から作り続けられている手延べ素麺で、形状は全国的にも珍しいまるまげ形をしており「まるまげ素麺」とも呼ばれています。

四季の中でも極寒期(11月~3月)に名水庄川の伏流水を使い、鉢伏山から吹き下ろす寒風にさらして作られます。

原料は砺波平野の極上の小麦粉を精選し、絹ふるいにかけ、何回もこねては合わせるので、きめ細かくねばりが強い逸品の素麺です。


IMG_8745
閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page